不動産物件を共有名義にした際の住宅ローン返済はどうなるの?

夫婦それぞれが住宅ローンを支払う

夫婦でマイホームを共有名義にした場合には、その際の住宅ローンの返済はどうなるかと思う人も多いかもしれません。
不動産物件を共有名義にした場合の住宅ローンは、夫婦それぞれが支払うことになります。
支払いが2つになると面倒だと思う人も多いかもしれませんが、共有名義にすると実は住宅ローンの借り入れ額を増やすことができるのです。
夫婦で住宅を購入するケースを考えてみたときに、夫と妻のどちらも年収が300万円の場合には、夫の単独名義で購入しようとなると、年収300万円に応じた金額しか借りることができないのです。
しかし共有名義の場合には、年収を合算して600万円に応じた金額の借り入れが可能です。
住宅ローンの審査においても年収600万円が基準になるため、審査に通過しやすくなります。

それだけではなく、所得税や住民税の軽減額が増えることも大きなポイントと言えます。
住宅ローン控除を効率よく活用することが可能です。
住宅ローン控除は借り入れ当初から10年間は年度末のローン残高の1%を控除できるものです。
共有名義で妻も向上を活用することで、世帯として受けられる控除額の合計が増えます。

収入が減少したときには注意が必要です

夫婦で住宅ローンを共有名義にした場合には、夫婦それぞれが住宅ローンを支払うことになり、夫婦が順調に働いていれば特に問題はないでしょう。
しかし転職や出産で退職するなど収入が減少した場合には、支払いが滞る可能性も考えられます。
万が一収入がなくなった場合には、住宅ローン控除も受けられなくなってしまいます。
このようなことから控除の適用期間、住宅ローンの返済期間の資金計画をしっかりと立てて、万が一収入が減少した場合、捉えたときの対応もしっかりと考えておく必要があります。

夫婦の共有名義で住宅を取得した場合に、万が一どちらか一方が亡くなり相続が発生した場合には、もう片方が配偶者の持ち分のみを相続することになるでしょう。
単独名義で所有していた場合と比べた場合には、相続税評価額を抑えることが可能です。
将来売却するとなった場合には、その手続きは複雑なものとなってしまいます。
片方が売却に同意しなければ説得も必要で、売却まで時間がかかることを覚えておきましょう。