マンションや一軒家を共有名義に名義変更する方法とは?

共有名義のマンションとはどのようなものか

マンションを所有している人の中には、共有名義の人もいます。
基本的にはマンションを所有する場合は単独名義となっていますが、共有名義の可能性もあるわけです。
その理由としては、例えば相続を受けた場合などがこれに該当します。
また、新しく購入した場合に関しては、相続と言うよりも夫婦関係の中で共有にしている可能性もあるわけです。
単独名義ではなくわざわざ共有名義にしている理由の1つが、夫婦の財産は別々と考えている可能性があるでしょう。
細かい理由は色々とあるかもしれませんが、夫婦の財産を別々にすると考えておけば、基本的に共有名義にしてもおかしくありません。
例えば離婚などをした場合には、2人の財産の争いが少なくなるからです。

相続の場合に関しても、相続人が2人以上いる場合でマンションを相続した場合はこのような状態になります。
共有名義にすることで、色々と問題もあるかもしれませんがとりあえずは共有名義にしておき最終的に売却する場合は完全に共有名義の状態を解除することになるでしょう。

共有名義に変更する方法は司法書士に依頼する

今まで単独名義だったけども、所有名義に変更したい場合などがあるかもしれません。
例えば、相続の場合がこれに該当します。
相続の場合には、今まで単独の名前だったけども、その親が亡くなった場合子供が2人以上いれば共有名義になる可能性もあります。
もちろん、1人の人が完全に買取残りの2人にお金をあげるとすればそのようにする必要はありませんが、そうでないならば共有名義になるわけです。
この時、登記を一緒にかえることになりますので、名義変更と言うのは登記簿の変更になると考えて良いでしょう。

登記簿の変更は、絶対に司法書士にお願いをしなければいけないわけではありません。
基本的には、司法書士の仕事になりますが、司法書士以外でも行うことができるのが特徴です。
それ故、資格を取得していなくても名義変更は充分可能です。

ただし、この場合には変更するときの手続きの仕方を知らないならば意味がありませんので、個人的に行うのはかなり困難と言えるでしょう。

まとめ

マンションや一戸建て住宅を所有している場合、名義変更をすることもあるかもしれません。
相続の場合や、新婚の夫婦が新しくマンションや一戸建て住宅を購入した場面が考えられます。

変更の仕方は、登記を変更することになりますので登記簿を変えなければいけませんが、一般的には司法書士がおこないます。
ただ、司法書士でないと変更できないわけではなく、知識のある人ならば個人で行っても良いかもしれません。
この時には、かなり細かい知識も必要になります。